包茎治療

包茎手術を受けるなら、美容外科?それとも泌尿器科?

包茎手術、包茎治療は美容外科もしくは泌尿器科で受けることができます。
ですが、双方にはそれぞれデメリットとメリットがあることを知っておく必要があります。

 

泌尿器科で受ける包茎手術のメリットとデメリット

病院の泌尿器科での包茎の捉えかたとしては、一種の『病気』として扱われます。
すなわち、包茎の手術を見た目も考慮しながらペニスの仕上がりを計算し仕上げる、
というよりも包茎という病気を治療することに注目しています。

 

泌尿器科で治療するにあたって一番の魅力といえば、保険が適用されるということです。
先ほども言いましたが、泌尿器科では包茎=病気として捉えられるため、
治療には保険が適用されるのです。

 

ですが、ここで少し注意しなければならないのが、すべての包茎の種類に
保険が適用されるわけではないということ。

 

大きく分けて包茎には3種類「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」があります。

 

仮性包茎に関しては、セックスもできますし、自分で気をつけていれば
衛生的にも問題なくケアができます。

 

その一方、真性・カントン包茎に関しては、セックスが困難な場合があり、
衛生的にもばい菌が溜まったり、上手く洗えないなど病気を起こす原因となります。

 

したがって、真性・カントン包茎に関しては保険が適用される場合がほとんどですが、
仮性包茎は適用されない場合もあるということを覚えておきましょう。

 

 

美容外科(クリニック)で受ける包茎治療のメリットとデメリット

保険が適用される泌尿器科とは違い、美容外科での包茎治療は
一種の『美容整形』とみなされるため、保険は適用されません。

 

なので、費用的な負担は泌尿器科と比べると何倍も大きくなっていきます。
にも関わらず、最近では美容外科での包茎治療がとても人気です。

 

一番大きな理由としては、包茎の手術を専門で取り扱い、
包茎手術のプロフェッショナルが揃っているという安心と信頼です。

 

泌尿器科に比べて、取り扱う包茎治療の件数も桁違いですし、何といっても仕上がりや
見た目のことまで考えられた治療法は、基本的な技術のレベルが高いのです。
多額な治療費を払ってでも、専門家に治療して欲しいと思う男性が多いのはそのせいなのです。

 

 

結果的に何を求めるのかによって決めましょう

大きく分けると、費用的な部分を焦点に置いて治療を受けるのか、
もしくは負担額は大きくなるけれど色々なオプションも選べる専門的なクリニックに任せるのか。

 

今現在のご自身の状況に合わせた病院を選択できます。
包茎手術を受けたいと思ってからでも出てくる、細かい不安や心配事などを
解消するためには是非どちらにも出向いてしっかり相談し、話し合ってみて下さい。

 

きっと自分に合った病院と治療法が見つかるはずです!

包茎は今すぐ治せ!医学的なデメリットについて解説!

あまり印象の良くない包茎ですが、その見た目だけではなく、
男性の体自体にいったいどのような影響があり、何が良くないのか。
医学的な見方で解説していきます。

 

 

日本人男性の約7割が包茎?

まずは、いったい包茎とは何か?自分のペニスは包茎にあたるのか?
基本になる包茎の種類とその原因をお話していきたいと思います。

 

実は日本人男性の約7割もの人が包茎だといわれています。
もうご存知の方も多いと思いますが、人は生まれたときから皮が剥けているというわけではありません。
これは日本人に限らず、白人でも、一般的にペニスが大きいといわれている黒人でも同じです。

 

 

大きく分けて3種類の包茎、それぞれの特徴と医学的デメリット

『仮性包茎』…3種類に分けられる包茎の中で、ダントツに割合が多いのが仮性包茎です。
仮性包茎とは、ペニスの亀頭全体に皮を被ってはいるけれど、手で剥いたり勃起時には
スムーズに剥け、亀頭を出すことができるというもの。
セックス時には皮が剥けた状態になりますが、普段皮に覆われている亀頭の色が違ったり、
セックス時の摩擦により痛みを感じたりすることがあります。

 

『嵌頓(かんとん)包茎』…嵌頓包茎は強引に皮を剥くことができるけれど、
剥いた状態でも亀頭の根元の皮口が狭いので、締め付けた状態になり
元に戻らなくなってしまう包茎です。

 

血流が悪くなり、腫れ上がってしまうケースもあるようです。
徐々に皮口を伸ばすよう少しずつ広げる作業を飛び越えて無理やり剥こうとすると
大変なことになってしまうので、注意が必要です。

 

『真性包茎』…はじめに少し触れましたが、人は生まれたときにはみんな真性包茎の状態です。
成長を重ね、思春期になるころ少しずつ自分で皮を剥く行為を始め、
セックスを体験するころには包茎から抜け出せるパターンが多いです。

 

ですが、体質的に皮の伸縮性がなく、無理やり剥こうとしても皮口がまったく伸びず、
激痛のため剥けないというのがこの真性包茎です。

 

 

包茎は医学的にも良くないこと?

上に紹介しました種類の違う包茎ですが、この3つに共通して言えることそれは、
包茎は見た目だけのデメリットがあるのみでなく、医学的にも良くないということです。

 

常に皮を被った状態は、衛生的に良いわけがありません。
仮性包茎の場合は剥いて洗うことが可能ですが日中溜まった汗が臭いを放ったりもします。

 

嵌頓包茎や真性包茎の場合は常に皮が被った状態になり、
剥くにも痛いため入浴時でさえ中に蓄積された汚れを洗い流すことができず、
性病を起こしたり陰茎癌のリスクを高めてしまうことさえあるのです。

 

どの包茎にも言えますが、自分でどうにかしようとせず痛みを伴う場合は
専門医に見てもらうことをおすすめします。

想像してください!包茎から卒業した人生を!

この世に生まれてきたときはみんな包茎でした。
思春期が来る頃には、つるんと剥けて立派なペニスになると教えられましたが、
自分のペニスはどうしたことか先さえ出てこない。

 

周りが童貞を捨て楽しんでいるのをじっと見ることしかできないなんて…。
そんなつらい包茎生活をぶち破ってみましょう。包茎から解放された人生を想像してみませんか。

 

 

包茎手術を受けようかどうか迷っている方へ。

包茎手術を受けない理由は何ですか?という質問に多かった答えは

  • 病院やクリニックへ出向くのがいや
  • 手術が怖い
  • お金がかかる
  • 失敗したらどうしよう、という不安
  • 自分が包茎だと認めてしまうこと

とさまざまです。

 

それでは、質問を変えてみましょう。
なぜ、包茎手術を受けようかと迷っているのですか?その答えは、

  • 気持ちのいいセックスがしたい
  • 女の子に自信を持って見せられるペニスが欲しい
  • 性病や衛生面での不安
  • 友達の前でも堂々と見せたい

 

どちらの思いが勝るのでしょうか?
これだけの不安を抱えている人たちでも、結果包茎手術を受けるという人は本当に多いです。
それだけ真剣に包茎について悩んで、改善したいと強く願っているのだと思います。

 

それでは次に、実際に包茎手術を受けて良かったことを聞いてみました。

 

  • 術後すぐは亀頭への刺激が強く早漏でしたが、日々の生活の摩擦で慣れていき早漏も治った
  • 温泉やサウナに入る前に、頑張って剥く必要がなくなり堂々としていられるようになった
  • 恥垢も溜まらなくなり、自分自身で清潔感が感じられるようになった
  • 気になる女性には自身を持って近づけるようになった

 

ひとくくりにすると『自分に自信が持てるようになり、生まれ変わった』ということです。
どうですか?想像のお手伝いができたでしょうか?

 

 

無料のカウンセリングをしっかりと利用してください!

長年悩んできた包茎とお別れ。
これからは胸を堂々と張って男らしくなれる。
包茎手術は確かにいいことばかりです。

 

ですが、飛びついてはいけません。
しっかりと自分に合った美容外科を見つけることからスタートです。
金額的に合わない、自分の希望が通らない、なんとなく担当医と合わない気がする。
そんなときは、是非2件目、3件目も足を運んでみましょう。

 

ほとんどの美容外科では無料のカウンセリングを行っています。
きっとあなたにピッタリのクリニックが見つかるはずです。
一生添い遂げるペニス、じっくりとことん迷って決めて、明るい道を切り開いて下さいね!